はじめに

このセクションでは、「Transeed Web」の初期設定など、使用手順をご説明します。

ご不明点等ございましたら、 お気軽にお問い合わせください。

翻訳言語設定

まず、管理画面にログインし、登録したウェブサイトの詳細画面をご覧ください。

詳細画面では、お申込時にご登録いただいたサイトの元言語の情報や翻訳言語のDNS情報がご確認いただけます。

Transeed 詳細画面

全104ヶ国語へ翻訳する場合

全ての言語に翻訳する場合、「翻訳言語」の項目であらかじめ表示されている、アスタリスク(*)で始まるものをご利用いただくことで、個別に設定する手間が省けます。

Transeed Web デフォルト 翻訳言語

特定の言語へのみ翻訳する場合

全ての言語に翻訳してしまうと困る場合、全ての言語に翻訳する必要のない場合は、翻訳を行う言語を言語ごとに設定することができます。

この設定を行う場合、詳細画面の「翻訳言語の追加」の項目より翻訳を行いたい言語にチェックを入れ、最後にページ下部の「更新」をクリックしてください。

Transeed Web 翻訳言語編集

CNAMEレコード取得

CNAMEレコードとは?

CNAMEレコードとは、「Canonical Name Record」の略で、ドメイン(例: example.com ) とIPアドレス(数字で表される、ネット上の住所)を関連付ける際に使用されます。

表示したい言語ごとのCNAMEレコードは詳細画面の「翻訳言語」の項目に言語ごとに1行ずつ表示されています。

翻訳言語 CNAMEレコード

もし翻訳を行いたい言語のCNAMEレコードが表示されていない場合、1. 翻訳言語設定に戻り、翻訳を行いたい言語の設定を行ってください。

CNAMEレコード設定

通常、CNAMEレコードの設定は、ウェブサイトでご利用のドメインを管理されているレジストラで行うことになります。

ウェブサイト制作会社に全て設定をお任せされている場合、お取引されている製作会社等へご確認いただければと思います。

CNAMEレコード設定

以下に日本国内でメジャーなレジストラのDNS情報管理手順をご紹介しますので、ご参考ください。

独自ドメインを使用したい場合

翻訳されるサイトで、独自ドメインを使用されたい場合は、「使用されたいドメイン」と「そのドメインをどの言語で使用するか」をご連絡いただければ、弊社にて設定を行いますので、お気軽にご連絡ください。

サイト確認

翻訳されたサイトは、言語ごとにサブドメインで出力されます。(例: en.transeed.io )

翻訳されたサイトのURLは、Transeed Web管理画面の詳細画面の「翻訳言語」の項目の「ホスト名」の欄からご確認いただけます。

もし全ての言語対応のホスト名(「*」で始まるCNAMEレコード)で設定されていて、個別の言語のサイトURLが分からない場合、1. 翻訳言語設定に戻り、「全てを選択」で更新していただくか、FAQの「どの言語に対応しているの?」の項目の言語名の横に表示された2〜3文字をURLのはじめにサブドメインの形で設定してください。

例:英語(en) → en. + transeed.io = en.transeed.io

翻訳編集

自動翻訳で翻訳された内容は編集を行うことが可能です。

翻訳編集

編集画面へアクセス

編集を行いたいページのURLの最後に「?language_edit=1」と記入し、翻訳編集画面にアクセスできます。

例:「https://www.example.com/sample-page/」→「https://www.example.com/sample-page/?language_edit=1」

翻訳編集

  1. 翻訳を行いたい文章の横に表示されている鉛筆マーク(編集アイコン)をクリックし、翻訳編集のテキストボックスを表示させます。
  2. 編集内容を入力し、「Save」をクリック。
  3. ユーザー名とパスワードを入力するダイアログが表示されたら、Transeed Web管理画面の詳細画面上部に表示されている「ID」をユーザー名に、「パスワード」をパスワードに入力して「OK」をクリック。

画像の差し替え

言語ごとの画像の差し替え等もこの方法で行うことが可能です。

編集を行いたい画像の横に表示されている鉛筆マーク(編集アイコン)をクリックし、翻訳内容に、差し替える画像のURLを入力してください。