SEO対策とは〜初心者でも分かるSEOの基礎

SEO対策(Search Engine Optimization)とは

検索結果で自社サイトを多く露出をするために行う対策のことです。 検索エンジン最適化とも呼ばれます。

SEO対策の種類

SEO対策には大きく分けて以下の3つの切り口があります。

コンテンツSEO

コンテンツSEOとは、「ユーザーにとって価値あるコンテンツ(情報)を提供すること」をいいます。コンテンツSEOが有効な理由は2つあります。

①Googleはユーザーにとってより有益な情報を検索結果上位に表示したい

②そもそも検索ユーザーにとって有益な情報でなければ、検索結果上位に表示されても見てもらえない

上記2つの理由により、コンテンツSEOは非常に重要であります。まぁ、当たり前と言えば当たり前のことですが。コンテンツSEOに取り組むことは、SEOの基本である、ユーザーが何を求めているのか理解し、適切に提供すること、そのものであるといえます。自社のサイトに来ているユーザーはどういった人なのか、どのような場面で来ているのか、どのような悩み、課題、ニーズを持っているのか、といったことを検索キーワードやランディングページ、自社の特徴から推測し、ユーザーにあった適切な情報を提供していくことが求められます。ユーザーにとって有益な情報を提供することで、サイトへの訪問者が増え、コンバージョンも良くなり、結果として検索順位も上がってきます。

内部対策SEO

内部SEOとは、ユーザーにとって見やすく、分かりやすいサイトを構築することです。内部SEOが有効な理由としては、見やすく、分かりやすいサイトでないと、いくら有益な情報であっても見てもらうことができないからです。

内部SEOで行う具体的な例としては、ページにタイトルを入れて何のページか分かるようにしたり、ユーザーが迷うことなく目的のコンテンツを見つけられるようにグローバルナビゲーションを設置したりといったことが挙げられます。また、サイト内の構造をきちんと整えることでクローラーにとっても分かりやすいサイトとなり、検索順位に好影響を与えます。

 

外部対策SEO

外部SEOとは、必要とするユーザーに自社のサイトを知ってもらうことをいいます。当然、いくら有益な情報で、見やすく、分かりやすいサイトであっても、ユーザーに知ってもらえなければ始まりません。

Facebook、Twitterを始めとするSNSなどを有効活用し、露出経路をつくり、必要とするユーザーにこちらから情報を届けることも重要です。

Googleが掲げる10の事実

Googleは、検索する人のことを第一に考えた「ユーザーファースト」を掲げています。このGoogleの宣言から、SEO対策のヒントが見えてきます

Googleが掲げる10の事実
参照サイト:Googleが掲げる10の事実

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

  2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

  3. 遅いより速いほうがいい。

  4. ウェブ上の民主主義は機能します。

  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。

  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。

  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。

  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。

  10. 「すばらしい」では足りない。

参考:http://kou506.hatenablog.com/entry/2016/05/02/173744

https://swingroot.com/seo-basic-knowledge

 

e6af897db8629fd9cccbb1cc5d2b2a9dx100 SEO対策とは〜初心者でも分かるSEOの基礎

グエン・ミー・フエンと申します。。日本留学生のベトナム人です。環太平洋大学・国際教育学科4年生です。今123Server株式会社でインターンシップしています。SNSにマーケティング方法で世界情報とベトナム市場を調査して見ます。

この記事を共有: