DMO

欧州等におけるDMO (Destination Management Organization) とは

DMO(Destination Management Organization)とは、 観光地域において、関係者の調整の下、観光地域の戦略策定、 観光資源の管理、品質向上等、観光地域づくり全般を担う専門 的組織。

DMOの主要な機能

●地域の観光に係る主要な関係者の合意形成、調整。

●各種データの収集・分析によるマーケティングに基づく戦略策定、KPIの設定、プロ モーションの実施。

●地域全体の観光資源の管理、観光品質の向上を行い、観光地域のブランドを形成。

●上記の活動を行うことにより、地域への観光客のワンストップ窓口を担う。

欧州においては、従来からマーケ ティング重視の観光地域づくりが行 われており、近年はDMOを中心に 取り組みが一層進展している。

観光マーケティングの重要性:①戦略的マーケティングと体制整備

欧州はじめ、観光先進地域では、観光マーケティング、ディスティ ネーション・マーケティングの重要性が十分認識され、これを観光振 興策の中心に据えている。
形態は様々であるが、マーケティングを有効に実施するためには、 専門職員を有する機関・部署を設置し、地域におけるマーケティング 能力を向上させることが重要。
具体的には、地域における観光の状況を把握し、その発展を一義 的に考える専門のマーケティング担当者を確保・育成する必要があ り、外部からマーケティング専門家を招聘するとともに、地域におい ても専門人材の育成を行っていく必要がある。

【ドイツ・バイエルン州:マーケティング専門機関の設置】

・既得権やしがらみ、自治体への甘え等を断ち切り、 体系的・戦略的な観光戦略を実行するため、「バイエ ルン・観光・マーケティング有限会社」という観光マー ケティング専門機関を設立 。

・社長はマーケティングの専門家を外部からスカウト 。

【ローテンブルグ市:自治体主導の戦略的取り組み】

・マーケティングについてはエージェント任せに することなく、最終的には市独自の判断を重視。

・観光担当者の在任期間は長く、権限も大きい。 責任者のリーダーシップの下に強力に策を遂 行できる体制を整備。

・インバウンド観光客の構成比についても留意し、 ドイツ人と外国人は半々となるようとするなど、 全体として満足度を高める戦略を取る。

【スイス】

スイス政府観光局は、観光客の特性や将来性を詳細に分析した上で、その市場の重要性 に応じて、デスティネーション・マーケティングの対象市場を 、①優先市場(Priority markets;EU 諸国、米国等)、②アクティブ市場(Active markets;豪州、東欧諸国、カナダ等)、③戦略的成 長市場(Strategic growth markets;中国、インド、中東、ロシア等、)、④発展市場(Developing markets;ブラジル、南アフリカ等)の4分類に分け、きめ細やかなマーケティング戦略を展開 。

【ドイツ:ブライザッハ市(バーデン・ヴェルテンベルグ州)の取り組み】

  • ドイツ南西部バーデン・ヴェルテンベルグ州に位置するブライザッハ市は、ワインの産地で有名。
  • 同市では市の組織であるBreisach-Touristik(BT)が地域の観光振興を担っている。
  • BTのトップは、大学で観光とマーケティングを専攻後、ホテル企業のマーケティング部門に勤務し、 1993年から現職を務める。
    BTでは、以下のようなマーケティングに基づく取り組みを実施。

 ★ ターゲット層(クルーズ客、キャンピングカー、日帰り観光客)毎の顧客属性等を分析。

 ★ 観光産業の地域への経済効果(観光消費額、地方税収、経済付加価値、雇用)につき、 外部機関への委託を通じて調査・公表 。

 ★ 地元中小ワイナリーに対して観光ビジネス研修等を実施 。

観光マーケティングの重要性:②地域間の連携

欧州では、地域間の連携により広域でマーケティングを行う取り組 みをインバウンド観光客への対応を中心に実施。

ドイツでは、観光資源を売り出す際、街道をつくり、その街道そのも のと街道沿いにある都市や名勝を一体として売り出していく、という 手法が広く取られている。
ロマンティック街道は、その草分け。

現在、その取り組みがさらに活発化しており、地域や国境を越え た観光ルート形成が盛ん。規模が小さく知名度の低い観光地にとっては、観光ルートの形成を通じて、知名度の向上と、単独では難し い国外向けマーケティングを実施できる効果が期待。

今日の欧州における地域間連携の取り組み事例

【欧州文化観光ルート機関 (EICR)】

EICRは、欧州の地域間における文化 観光ルートの形成を支援。

EICRが認定するルートは、ワイン、食 文化、音楽、温泉等の分野で24にのぼる。

【Upper Rhine Valley 】

Upper Rhine Valleyプロジェクトは、ドイツ・フランス・ スイスの 3カ国を跨ぐ広域観光連携プロジェクト。

ファンタスティック街道は、ドイツ南部地域の10 の 都市・地域の連携により開始。

何れもアジア等、海外からの観光客を増やすこと を目的としたもの。

6e5d8d7087ada327306b9885ffb695ffx100 DMO

名前:Nguyen Mai Huong (グエン マイ フーン)。ベトナムのタインホア県出身。職業:岡大生文学部
123Serverでインターンシップとして働いています。小学生の時から読むことと書くことが好きで高校時代に国語専門クラスに入りました。自分に挑戦したくて日本に留学しようと決めました。
日本の大学に入学し、色々な分野の知識を学び、その中にマーケティングに興味を持つようになります。
ベトナムか日本かを問わず、世界の国々の共通点を見つけて観光ビジネスをより発展させるという目標に向かって記事を書き始めます。

この記事を共有: